つむじハゲ フィンペシア

つむじハゲがフィンペシアのみでは改善できない理由

つむじハゲがフィンペシアのみでは改善できない理由は2つあります。

 

つむじハゲがフィンペシアのみでは改善できない理由を検証します

 

それは

  1. つむじハゲの復活にはミノタブを併用しないと難しい人が多い
  2. フィンペシアの品質に疑問が生じている

という2つの理由です。

 

もくじ

 

つむじハゲにはフィンペシアとミノタブを併用しないとだめ?

実はプロペシアだけでも9割は現状維持、4割は改善できるというデータがあります。
参考:プロペシアR錠の臨床効果<国内データ(1年)>

 

つむじハゲがフィンペシアのみでは改善できない理由を検証します

 

なので、つむじのハゲ始め段階でとりあえず食い止めると言う目的なら、フィンペシアだけでも事足りる可能性は高いです。

 

しかし、それだけだと改善するのは4割の人だけなので、ミノキシジルを併用して改善の確率を上げるんですね。

 

ハミルトン=ノーウッド分類というものがあって
つむじがはげてくるとプロペシアとミノタブを併用するのが一般的です。

 


・T型・U型・UVertex型→プロぺシアによる現状維持や、ロゲインで発毛促進を
※ロゲイン=ミノキシジル育毛剤
参考:http://usuge-clinic.net/type.html

 

フィンペシアと言うのはプロペシアのジェネリックなので、効き目としてはプロペシアと同等かそれ以下、薬の効能はプロペシアと同じなので、やはりミノキシジルの併用が望ましいでしょう。

 

フィンペシアは安いけど・・・

あえてフィンペシアを選ぶと言うことはコスパを考えてだと思いますが、個人輸入は避けた方が安全でしょう。

 

と言うのも、通常AGAクリニックではAGA薬がちゃんと効くか、飲んでも大丈夫かどうかを事前に血液検査します。

 

この検査をせずに自己判断でAGA薬を飲んで、かえってハゲてしまったと言う声は少なくありません。
参考:

 

副作用というよりもむしろこの逆効果の方が取り返しがつきませんし怖いです。
AGA薬で治療するなら検査のしっかりしたクリニックを選ぶのが安全です。

 

検査のしっかりしたクリニックでジェネリックの処方があるのはAGAスキンクリニックです。

カウンセリング、初診、血液検査が無料なので、上に書いたように自分にあった治療をしてもらえるかどうか、お金を払う前にわかるのがいいと思います。

 

≫AGAスキンクリニックの詳細はこちら


改善したいなら6割の人はクリニックにいく必要がある

上に書いたように現状維持が目的の人でも逆効果の危険性を避けるにはクリニックで検査のうえ服用したほうが安全です。

 

さらに改善が目的なら、プロペシア単剤で改善する4割の人は単剤でも良いのですが、残り6割の人は現状維持止まりです。

 

そこで、いたずらに費用が無駄にならない段階でミノキシジルを併用したほうが良いのかなど見極めるには、AGA患者を見続けているクリニックの経験則に頼ったほうが確実です。

 

 

 

つむじハゲにはフィンペシアよりプロペシア/フィナステリドの方がやっぱりいい?

つむじハゲにはフィンペシアとプロペシア/フィナステリドどちらがいいのか知りたいという人も多いようです。

 

というのもフィンペシアを個人輸入すればプロペシアの10分の1までコストが下がりますから、同じ効き目ならフィンペシアの方が安くて試しやすいと考える人が多いからですね。

 

 

つむじハゲがフィンペシアのみでは改善できない理由を検証します

 

上にも書いたようにフィンペシアはプロペシアのジェネリックですから、効き目はどうしてもプロペシア以下になります。

 

それだけなら良いのですが、フィンペシアには正規ルートというものが存在しないため、日本に流通しているものの中にはフィンペシアを製造しているシプラ社以外のもの、つまり偽物が含まれていると考えられています。

 

同じジェネリックでも厚労省から認可を得たジェネリックがあり、フィンペシアほどではないにしても割安になります。

 

こうした安全なジェネリックを、できれば検査のしっかりしたクリニックで処方してもらうのが安心できますよ。

 

検査のしっかりしたクリニックでジェネリックの処方があるのはAGAスキンクリニックです。

カウンセリング、初診、血液検査が無料なので、上に書いたように自分にあった治療をしてもらえるかどうか、お金を払う前にわかるのがいいと思います。

 

≫AGAスキンクリニックの詳細はこちら

 


男性の頭頂部の薄毛の原因はホルモンと酵素

 

男性の場合DHTが原因

男性の薄毛の一番の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)で、DHTとはHT(テストステロン)の男性ホルモンが大きく影響を受けて強く変わったのがDHTとなります。

 

脱毛症のAGAは生活習慣や運動不足などと言われていますが、AGAの半分以上は遺伝であると言われています。

 

DHT発生源の男性ホルモンと5αリダクターゼの量は遺伝する

5αリダクターゼと言う酵素がテストステロンの男性ホルモンに働きかけることによりDHTが誕生するのですが、5αリダクターゼ量は個人によって大きく違うのがはっきりしていて、発生源の男性ホルモンと5αリダクターゼの量は遺伝によって決まると様々な研究によってわかりました。

 

父母のどっちかが5αの遺伝子をもっていると子供も優性遺伝子になる可能性が高くなります。

 

フィンペシアとは

薄毛治療に使われる薬でフィンペシアとプロペシアがありますが、この2つは似ていますが、違いがあります。

 

フィンペシアはプロペシアの正確なジェネリックではない(特許の正式な手順を踏んでいないので日本では認可されていない)

大きく違うのは、製造国と値段と効果で、プロペシアはアメリカで生まれた薬で、60国以上で承認されていて、日本での製造会社はMSD株式会社で、厚生労働省の許可を受けているジェネリック医薬品になります。
一方のフィンペシアは日本では許可されていないので未承認医薬品になります。

 

相違点は製造国と値段と効果など

フィンペシアとプロペシアの値段は圧倒的にフィンペシアが安く、フィンペシアは1箱100錠入りが2、000円程度、プロペシアは1箱28錠入りで5、500円程度になり大きく値段が違います。

 

フィンペシアとプロペシアの有効成分は同じフィナステリドが同量入っていているのですが、プロペシアは継続して服用するとお金がかかるので価格が安いフィンペシアは注目を浴びています。

 

フィンペシアとプロペシアは全く同じ成分なので効果は同じで、薄毛の部分を濃くしてくれたり、脱毛の進行を抑えることができます。

 

 

 

フィンペシアの注意点と副作用

フィンペシアを服用する時に注意をしておきたいのに副作用があります。フィンペシアは未承認医薬品なので、思わぬトラブルや副作用がおこることがあります。

 

フィンペシアの副作用は肝機能障害と性欲減退

フィンペシアの副作用の危険性が高いのが、肝機能障害と性欲減退で、肝臓で代謝される薬なので肝臓に負担がかかり全身のだるさや食欲不振、吐き気、発熱がおこることがあります。

 

2つ目は性欲の減退で、フィンペシアを服用した人の、1、1%の人に性欲の減退がおこっています。

 

フィンペシアを買う時は偽物に要注意

安いからといって安価な薬を服用すると重篤な副作用を引き起すこともあります。フィンペシアは国内では許可されていない薬なので、偽物の薬が出回ったりしています。
フィンペシアはクリニックでもらえないために、個人輸入で手に入れる人が多いので、自己責任で注意をして服用するようにしましょう。